ダイソンの扇風機 TP02とTP03とTP04の違いとは

生活

ダイソンのTPシリーズは、涼風機能と空気清浄機能のついた、タワーファンタイプの扇風機となっています。

2018年現在、TP02、TP03、TP04のラインナップが発売されています。

TPシリーズの製品展開

TP02

2016年4月から展開された、2016年モデルになっています。(こちらは古いモデルになるので、ダイソンの公式ページからは、紹介が外れているようです。)

TP03

2017年4月から展開された、2017年モデルになっています。

TP04

2018年4月から展開された、2018年モデルになっています。

それぞれの特徴と違い

TP02とTP03の違いはあんまりない!

TP03は、TP02の後継機で、とくに追加された機能などもないので、スペックもほぼ変わりません。

どちらも、重さ3.7kg、最大消費電力56Wで、違いがあるのは金額です。やはりTP02のほうが古いスペックになるので、少し値段が安いです。

そのため、最新機種へのこだわりがなければ、TP02で安く済ませるという選択肢もアリです。価格.comで、かなり安くなっている時がありますので、チェックしておくことが大事です。

TP03とTP04の違いは「重さ・消費電力・ディフューズドモード」の3点!

最新モデルのTP04は、TP03から、少しバージョンアップしています。

まず、一番の目玉は、ディフューズドモードといって、空気清浄をする際、その空気の向きを通常とは逆にする機能がついています。これにより、「冬に扇風機を動かすと寒い問題」を解決しており、シーズン問わず、快適に空気清浄をすることができるようになります。

また、運転モードを「AUTO」にしておくことで、空気の汚れを検知して、ガスや微粒子の減る様子もディスプレイで確認できる機能がついていますし、最大消費電力も56W⇒40Wに低減されています。

一点、ネックとしては、その分、重量が増していることです。TP03までは3.7kgでしたが、TP04は5.04kgと、機能を追加したせいか、少し重くなっています。

あとは金額も、TP03より、9千円~1万円ほど高めになっています。

まとめ

一年間を通して、空気清浄機として、ずっと愛用したい人は、TP04。夏場だけでOK、または、冬場に風がちょっとばかし出てもOKって人は、コストも楽になるので、TP02~TP03がオススメです。

もし、ヒーターとしての使用も一緒に考えたい方は、空気清浄+涼風+温風を兼ね備えている、HPシリーズを検討しましょう!

最後に一言

TP買うか、HP買うか、悩み中です。

この記事が参考になったら「いいね!」

ダイソンの扇風機 TP02とTP03とTP04の違いとは


SNSのシェアはこちらから!

  • 1
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

運営者のYoshiと申します。今はフリーランスでWEB制作などしています。家事・インテリア好きで、雑貨屋に行くと、よく無駄な出費をしてしまいます。快適な暮らしのためには、お金を惜しまない性格です。