バルミューダ扇風機 EGF-1600とEGF-1700の違いとは

アイテム

自然界の風を再現することで有名な、バルミューダの扇風機「The GreenFan」は、現在、EGF-1600とEGF-1700のラインナップが発売されています。

違いとしては、EGF-1600は2017年発売モデルで、EGF-1700は2020年発売の最新モデルとなっています。

EGFシリーズの製品展開

EGF-1600

2017年発売モデルは、最安価格36,000円程度で購入できます。

EGF-1700

最新の2020年発売モデルは、最安価格39,000円程度と、少しだけ高額になります。

旧型と最新型の違いは?

大きな違いはありません。

デザイン、外形ともに変化はなく、性能の面で、下記の改良がされました。

・Battery&Dock使用時最大風量
 風量3⇒風量4に改良

・オートオフ機能作動時間
 12時間⇒18時間に改良された

この二点の仕様に3,000円ほどを払うかどうかが、選び方の違いになってくるかと思います。

とくに気にならないなら旧モデルで十分ですし、どうせ買うならと最新モデルを選ぶのもアリだと思います。

お手入れを忘れずに

せっかくの高額製品ですので、しっかりメンテして、長く愛用するようにしましょう。

まとめ

バルミューダの旧モデルと最新モデルでは、そんなに大きな違いはありません。

予算と相談しつつ、好きなほうを買えばOKかと思います。どっちを買っても良い製品に変わりなしです!

最後に一言

自分なら、3,000円くらいの違いなら最新型モデルを買ってしまいます!

この記事をSNSでシェアする?

バルミューダ扇風機 EGF-1600とEGF-1700の違いとは


  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket