Excel VBAでSubプロシージャとFunctionプロシージャの間で配列を渡す方法

VBA/Excel

Excel VBAでSubプロシージャとFunctionプロシージャの間で配列を渡す時は、たとえば下記のような方法があります。

ソースコード

Sub main()
  Dim Ar_DB() As String

  Ar_DB = GetArray()

End Sub

Function GetArray()

  Dim Ar() As String
  Dim i As Integer

  For i = 0 To 10
    ReDim Preserve Ar(i)
    Ar(i) = "入力データ" & i
  Next i

  GetArray = Ar

End Function

上記を動かしてみると、FunctionプロシージャのGetArray()で作成した配列のデータが、Subプロシージャのmain()処理内のAr_DBに渡されていることが分かります。

array

▼詳しい情報はこちら
http://www.clayhouse.jp/array/array03_e.htm

この記事をSNSでシェアする?

Excel VBAでSubプロシージャとFunctionプロシージャの間で配列を渡す方法


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket