金地金(インゴット)を売る時の節税対策は「精錬分割加工!」

生活

資産で保有している金地金(インゴット)をそのまま売ると、売却益で税金が発生してしまいます。

しかし、金地金(インゴット)に対して、精度の高い分割加工をし、数年に分けて売却することで、節税(税金の発生を防ぐこと)ができます。

リファスタの精錬分割加工サービスについて

大きい金(インゴット)を売ると税金が必ず発生!

2012年(平成24年)1月1日付けで創設された、「金地金支払い調書制度」があるため、200万円以上の取引がされたら、店は税務署に報告することになっています。つまり、税金が発生してしまうのです。(金の延べ棒や金の塊は、ほぼほぼ200万円は余裕で越える売却金額となる。)

▼金地金支払い調書制度について
https://gold.mmc.co.jp/faq/paymentrecord.html

節税・無税にしたいなら分割して数年に分けて売却する

節税をするなら、1年間における売却金額を、税金が発生しない範囲に抑えないといけません。

そこで役立つのが、リファスタの精錬分割加工サービスです。

【リファスタの精錬分割加工サービス】

純金としての価値を損ねず金塊を小分けにできる
⇒1本1kgの金であれば、10本100gに分割

小分けにして毎年1本売ることができる
⇒税金のかからない売却金額になるため節税となる

これにより、所得税、住民税、支払調書、マイナンバー各種の問題をクリアにして、きちんと節税することができるようになります。

注意点

なにかしら副業だったり、副収入がある人は気をつけて下さい。

副業で得る収入と、金の売却益を足し合わせて、一定金額以上になったら、ルール上、税金の対象にはなります。

金を売る時は、他に副業などがない人にやってもらうのがベストです。

詳細

詳しくは公式サイトにあります。
これから金を売りたいと考えている方は参考にしてみてください!


最後に一言

こんなサービスがあるとは知りませんでした!

この記事をSNSでシェアする?

金地金(インゴット)を売る時の節税対策は「精錬分割加工!」


  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

KIYOTATSU(キヨタツ)を運営しているウェブ制作者のYoshiです。家事・インテリア好きで、雑貨屋に行くと、よく無駄な出費をしてしまいます。快適な暮らしのためには、お金を惜しまない性格です。