Google デジタルワークショップの勉強をすばやく時短学習する方法は「字幕と2倍速」

webサービス

Google デジタルワークショップは、その名の通り、Googleさんの提供する無料学習ツール(Eラーニング)です。動画と演習問題を順々に解いていくことで、インターネットビジネスにおける広告・集客・営業などの基礎知識を学ぶことができます。

▼Google デジタルワークショップ URL
https://learndigital.withgoogle.com/digitalworkshop-jp

本記事では、Google デジタルワークショップのボリュームを紹介して、それらを時短して勉強する方法を紹介していきます。

Google デジタルワークショップのボリュームまとめ

動画の数は全部で106本

デジタルワークショップでは、教材となる動画の総数は106本で、1本あたり3~4分の構成となっています。

つまり、全部の動画を観るだけで、単純計算で「318分~424分」、すなわち「5時間~7時間」もの学習時間が必要となります。

さらに演習問題が113問

デジタルワークショップでは、それぞれの動画に対して、必ず一つの理解度チェック問題があります。また、章末ごとに演習問題がありますので、その総数は106+7で、113題くらいあります。

ただ、一つ一つの問題はそんなに難しいことはなくて、数十秒~数分で解き終わるものです。ですので、合計すると、だいたい2~3hくらいの時間がかかります。

普通に勉強すると7~10hかかってしまう!

動画と問題。

単純計算ですが、その両方を合計すると、勉強時間は、7~10時間となります。これって、けっこうなボリュームですよね。

そこで、続いては、時短して勉強する方法を紹介したいと思います。

時短ですばやく勉強する方法まとめ

動画はすべてyoutubeの埋込

よく見てみると、デジタルワークショップの動画はすべてyoutubeなんです。つまり、youtubeの機能・設定がそのまま使えるということです。

字幕表示と視聴速度2倍の設定をする

メニューバーの赤枠部分を選択すると、字幕が表示されるようになります。こうすることで、文章を読みながら音声でも聞き取る学習ができて効率が良いです。また、知らない単語であっても視認できますので、聞き取り間違いがありません。

次に、設定(歯車アイコン)をクリックして、速度を2倍にします。先ほどの字幕表示があるので、2倍速になっていても、普通に聞き取ることができます。

理解度チェックや演習問題のほうは削減しようがないのですが、しかし、動画の学習時間はこれだけの設定で、工数を半分ほど削減できますので、知っておくと便利です!

まとめ

Googleデジタルワークショップの時短勉強法は動画の設定を字幕表示・視聴速度2倍にすればOKです。

また、youtubeの視聴設定は色々と知っておくと便利ですので、興味のある人は、色々と調べておくと役立ちます。

最後に一言

地上波のテレビもすべて2倍速で見たい人です。

この記事が参考になったら「いいね!」

Google デジタルワークショップの勉強をすばやく時短学習する方法は「字幕と2倍速」


SNSのシェアはこちらから!

  • 1
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

運営者のYoshiと申します。今はフリーランスでWEB制作などしています。紹介したいwebサービスなどございましたら、お気軽にご連絡ください。微力ながらお手伝いします。