Google Search Consoleが「新しい所有者を追加しました」と勝手に設定した時の対処法

web制作

先日、急にGoogle Search Consoleからメッセージが来て、「新しい所有者を追加しました」と、新しいユーザーを登録したような旨の連絡が届きました。

gsc_1

・・・まったく身に覚えがないのですが・・・?

リンクをクリックして見ると、ウェブマスターセントラルというページに遷移して、ユーザー情報がリストになっていました。

そして、まあ削除すればOKかなと思ったのですが、「確認が完了しました。」という結果が出ていて、それを未確認に戻そうとしても、「Google アナリティクス アクセスがまだ残っています。」と、エラーが出てきて、新規のユーザー情報について、一切、設定をいじれないという謎っぷり。

それでは、アナリティクスを見てみるか・・・と思って、「アナリティクス」>「ユーザー管理」と遷移してみて、ようやくエラーの原因に察しがつきました。

今回、AというサイトにBさんがメンバーとして追加されたのですが、ずいぶん昔、Google Analyticsにおいて、そのBという人をAのサイトのユーザに紐づけていて、マスターとしての権限を付与していたのです。

そんで、そのBという人が、最近、Fetch as GoogleなどでAというサイトを調べたので、そん時にもろもろリンクして、登録したよってメッセージが来たのだろうということが分かりました。

ゆえに対処法はカンタンで、単にアナリティクスのユーザー権限を変更すればOKです。

「ユーザー管理,編集,共有設定,表示と分析」となっているのを、「表示と分析」だけの権限に変更することで、無事に勝手に登録されたユーザーを除外することができました。

gsc_2

うーん。Googleさんのコンテンツあれこれやっていると、どうなっているのか、たまに良く分からなくなってしまいますよね。もちろん文句はないんですが、ユーザー側がしっかり情報管理していないとアカンすね。

最後に一言

ops...

この記事をSNSでシェアする?

Google Search Consoleが「新しい所有者を追加しました」と勝手に設定した時の対処法


  • 1
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

KIYOTATSU(キヨタツ)を運営しているウェブ制作者のYoshiです。得意な分野はディレクションとコーディングです。デザインはシンプルなものだけ可能です。他、色々と随時習得中です。