.htaccessのリダイレクト設定をキャッシュせずにすぐ反映・更新したい時の方法

web制作

.htaccessでリダイレクト設定をしている時、そのURL情報などを書き換えて、すぐにブラウザで検証しようとしても、キャッシュ情報が残っていて、すぐに反映できているか確認できない時があります。

だからといって、いちいち書き換える度に、「設定⇒キャッシュのクリア」とするのは、これまた手間というか、地味に面倒くさいです。

そんな時に重宝するのが以下のコマンドです。

・F12でデベロッパーツールを開く
・更新ボタンを長押しする
・キャッシュの消去とハード再読み込みを選択する

たったこれだけの操作で、.htaccessの内容がすぐに反映・更新できるようになります。

サイトリニューアルだったり、ドメイン変更などをする時、リダイレクト設定は必ずつきものです。そんな時、このコマンドを知っているとかなり重宝しますので、ぜひ参考にしてみてください。

最後に一言

知っているか知らないかで、本当に工数が変わりますね。

この記事が参考になったら「いいね!」

.htaccessのリダイレクト設定をキャッシュせずにすぐ反映・更新したい時の方法


SNSのシェアはこちらから!

  • 1
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

運営者のYoshiと申します。WEB制作は、HTML/css/javascript/PHP/git/wordpress/MT/DB/photoshop/illustrator/fireworksなど扱えます。サーバー・アプリなども習得中。