HTMLタグをcode内で表示する時は特殊文字の「>」と「<」

web制作

備忘録用の記事です。

ブログやニュースなどで、HTMLやphpなどのソースコードを表示しようとした時、「<」と「>」"タグ"の表示は、そのまま使えません。(HTMLタグもしくはphpソースコードとして読み込みされて、処理されてしまうため。)

なので、ソースコードをただのテキスト表示としたい場合は特殊文字を使います。

・「<」⇒「&lt;」

・「>」⇒「&gt;」

ltとgtの意味

こちらのサイト様にて詳しく書いてありました。

・HTMLの「>」・「<」
http://www.asahi-net.or.jp/~hi5k-stu/compt/gt_lt.htm

引用させて頂くと、

日本でも俗に、「>」を「大(だい)なり」、「<」を「小(しょう)なり」という。「>」の「gt」は「greater than」の、「<」の「lt」は「less than」の略なのである。日本語と対応しているのがわかるだろう。 「GT」、「LT」は歴史が古く、1956年から始まったFortranですでに比較演算子として使用されている。40年余の歴史があるのである。

greaterとlessのthan、と覚えておくと、ltとgtがどっちの向きだったのか、その暗記術に役立つかと思います!

豆知識テクニック

暗記が面倒、また、いちいち調べるのが面倒という時は、IMEなどで、キーボード入力の辞書にあらかじめ登録しておく、というのも手です。

「<」と打ち込んだら、gtが表示されるように辞書登録しておけば、迷うことはないです!

最後に一言

タグで閉じていくテトリスのようなゲームをやってみたい。

この記事をSNSでシェアする?

HTMLタグをcode内で表示する時は特殊文字の「&gt;」と「&lt;」


  • 1
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

KIYOTATSU(キヨタツ)を運営しているウェブ制作者のYoshiです。得意な分野はディレクションとコーディングです。デザインはシンプルなものだけ可能です。他、色々と随時習得中です。