いきなりステーキのNGな食べ方とやらも悪くない

グルメ

いきなりステーキの食べ方を調べてみると、「ソースをいきなりかけるのはNG。まずはちゃんと焼いて塩から味わう」といった考えが多くありました。

しかし、自分はどうしてもNGな食べ方を辞められず・・・

百聞は一見に如かず、ということで、コレ。

うーん、食欲がかきたてられます。

じつは、この食べ方、見知らぬ人からの勝手な受け売りだったりします。

自分が初めていきなりステーキに行った時、隣に座っていた常連っぽいニーちゃんが、アッツアツの鉄板に乗せられた500gのワイルドステーキに迷うことなくソースぶっかけ。

ぶじゅうううううううううう・・・・ッッッッ!!!!

その間、表情を微動だにせず、じっと肉を見つめるニーちゃん。いうなれば孤独のグルメみたく、すっかりお隣さんの食べ方に魅了されてしまった自分は、そのNGな食べ方をそのまま覚えてしまったわけです。

ソースをかけた後は、ちょっと温度の下がった鉄板に肉を寝かせて、両面をちょろっと焼いて、そっからニンニクやワサビを少々付け足して、美味しくいただいていきます。

たぶん衛生的には鉄板でちゃんと焼いてから塩・ソースで頂くのが良いんですが、自分はソースぶっかけからの鉄板で軽く焼く食べ方が好きです。(ただし、ワイルドステーキ限定。さすがに美味しい部位の肉は、しっかり焼いて食べた方が良いです。)

肉好きの人からすれば邪道な食べ方だと思いますが、まあ悪くないってことで、参考までの日記でした。

最後に一言

ああ、毎日でも食べたい・・・。

この記事が参考になったら「いいね!」

いきなりステーキのNGな食べ方とやらも悪くない


SNSのシェアはこちらから!

  • 1
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

運営者のYoshiと申します。今はフリーランスでWEB制作などしています。好き嫌いがなく、なんでも食べます。最近はダイエット中なので、小食気味です。