新型のiPhone XsにAppleCareは必要? 結論は「将来的に売却するならつけたほうがオトク!」

PC・機器

iPhone新作のXs、XRの発表がされて、購入を検討しているわけですが、この時に悩むのが、AppleCareの保証をつけるか否か、という問題です。

価格は、+22,800(税別)と、決して安くはありません。(なんなら、この価格で買えるスマホも多数あります。)

しかし、あれこれ検討してみた結果、「これは加入しておいたほうがオトク」という判断に至ったので、その考え方・理由を参考までに紹介したいと思います。

AppleCareの保証で悩んでいる人は、参考にしてみてください。

メリットとデメリット

AppleCareのメリデメをまとめると、以下の感じです。

メリット

・いざとなったら安く修理できる安心感がある
・Xs、XRを長く使う人は安心
・スマホを傷つけやすい人は安心

デメリット

・初期投資で2万円ちょっと飛ぶ
・結局、iPhoneを傷つけることなく2年間使うと損した気分になる

端末が高額なので基本は加入しておいた方が良い

まあ当たり前のことなんですが、長く愛用する人は加入しておいたほうが絶対に良いです。

なにせ、Xsは最低でも10万円以上するものですので、もしも落としてしまったりして、オシャカになってしまうと、目も当てられません。

買い直そうとすれば再び10万円以上という鬼出費ですし、アップルケアなしに修理をしようとすると、3万や4万以上という、なかなかの金額を持っていかれて、かなりの散財になるからです。

そのため、一度でも修理する機会があれば、それだけでも加入しておいた恩恵を得られます。

ネックになりうる点は「2年間まったく保証を使うことがなかった」ということですが、しかし、これは一つの方針を選択するだけで、デメリットではなくなります。

それは、「端末の売却」です。

あらかじめ端末を売ることを前提にすればAppleCareのデメリットはほぼなくなる!

最新のiPhone端末はなかなかの値段で売却できることで有名ですが、この時、AppleCareはさらなる付加価値になります。

たとえばヤフオクやメルカリに転売した時、下記の内容だと、どっちの商品を買いたくなるでしょうか。

1.
iPhone Xs 一年間使用品

2.
iPhone Xs 一年間使用品 AppleCare加入品(残り期間1年)

これは当然ながら、後者のほうを欲しくなると思います。

じつはAppleCareは端末自体に紐づくものですので、持ち主が変わっても価値は残るのです。(委譲する際、ちょっと手続きなどが必要な場合もあります。詳しくはこちら

なので、売却を前提とするなら、AppleCare加入をしておいたほうが圧倒的にオトク、というわけです。

端末を落としてしまい、大きな傷をつけてしまえば、修理代もバカにならない上、転売すること自体が難しくなってしまいます。

しかし、きちんとケアにさえ加入していれば、たとえ落としてしまったとしても、1万円とちょっとで修理ができて、転売でもそこそこの値段をつけて売却することができます。

Xsを買う人はカメラとしての用途も強いと思うので、なおさらケアは必要

見出しの通りですが、Xsはボケ撮影もできて、相当なカメラ性能を誇ります。自然と撮影する機会も多くなり、その分、持ち運びの機会も増えて、落としたり傷つけてしまうリスクも増加します。

ともなると、これはもう加入しておいたほうが安心というものです。

まとめ

著者の結論は、Xsを買うなら、AppleCareは絶対に入っておいた方が良い、という感じです。

AppleCareの加入で悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください!

(室内ゲーム用だったり、web制作の業務確認用の端末だったり、外に持ち運ばないのであれば、必要ないかもですが、せっかくのカッコイイ端末ですので、持ち運びたいのが人情だとは思います!)

最後に一言

毎年のことながら、appleさんはワクワクさせてくれますね!!

この記事が参考になったら「いいね!」

新型のiPhone XsにAppleCareは必要? 結論は「将来的に売却するならつけたほうがオトク!」


SNSのシェアはこちらから!

  • 1
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

運営者のYoshiと申します。今はフリーランスでWEB制作などしています。長年windowsマン。サーバー勉強に併せて、Linuxも触り始め中。パソコン自作にならって、スマホ自作の時代になることを願っています。