JT(2914)の嬉しい株主優待が到着! 2019年6月権利分を写真つき紹介

株/資産

2019年8月5日、JTこと日本たばこ産業(2914)さんから株主優待が届きました。これは2019年6月の権利のもので、写真を交えて紹介したいと思います。

2019年JTの株主優待

JTの株主優待内容(2019年)

1000円相当の食品詰め合わせ

優待では、持ち株数によってもらえるものが変わります。

2019年JTの株主優待

自分は100株だけ購入していたので、1,000円相当のカップ麺・ゴハン詰め合わせをもらうことにしました。

返送用はがきに記入して、後日にもらったのがこちらです。

2019年JTの株主優待

ホームラン軒2つに、ゴハンパック3食入りが一点。ちょっと小腹が空いた時のカンタンゴハン向けで、もらえるだけありがたいです。

ちなみに2020年以降は優待変更があって、1年以上の保有がないともらえないそうです。

この年はなぜかプルームをもらえた

優待内容には書いてなかったのですが、2019年は、JTさんの電子タバコ商品「プルームテックプラス」をもらうことができました。

買うと3,000+ちょっとくらいするので、利回りで考えると嬉しいプレゼントでした。

しかし、自分は喫煙やめているので、なんとも危険な誘惑……。仕方ないので、中古ショップに持ち込んで買取してもらいました。(その時期、メルカリやラクマにも大量に出品されていたという……!)

2019年まではカレンダーもゲットできた

この時は、カレンダーも頂くことができました。ただ、2020年になってからハガキが届いたところ、カレンダーの優待は廃止になるとのことでした。残念!

配当金が高いことでも有名

JTさんといえば、とにかく高い配当で有名ですね。100株25万円ほどで購入していましたが、半期で100株7,700円の配当金がもらえました。年間154円は本当にすごいです。

2019年JTの株主優待

2019年JTさん株への感想

正直なところ、自分が購入した頃のJTさんはグラフも下げ調子で、今では損切しているくらいなので、最初から買うべきではなかったなと反省しています。

自分が2019年からスタートした初心者だったので、高配当+タバコなら安泰かなーと安易に思っていたのですが、今後の社会情勢だとタバコは嫌われていくものですしね……。

医療事業や加工食品事業なども手掛けていますが、タバコの事業規模に比べると微々たるもの。一気になくなるようなことはないかと思いますが、今のところ、ジワジワと下がっていく気配しか感じられません。

また、本記事を執筆時点での社会情勢でいえば、コロナ騒動で、世界中が大騒ぎみたいになっているので、利益の大半が海外タバコのJTさん、けっこう心配ですね。みんなが外出禁止になってタバコを買いこむのであれば利益が望めるかもしれませんが、一方で喫煙者のほうがコロナへの免疫が弱いなどのニュースもあって、なんだか追い打ち喰らっている感も否めないです。

2000円も割れて、1900円台。

とはいえ、この先も減配がなければ、長期で眠らせる株としてはかなり優秀なことには変わりありません。配当利回り7%超えますしね。そう考えると欲しくもなってくるのですが……。それでも含み損がズルズルかさんでいくのも気持ちの良いものではないんですよね。悩ましいところです。

まとめ

2019年のJTさん株主優待は、高い配当金と、ちょっとした食べ物。それから電子タバコとカレンダーまでもらえて、かなりの充実ぶりでした。

ただ、2020年からは、優待内容が少し悪くなり、またコロナ騒動の影響もあるので、ちょっと心配でもあります。長期で配当金狙いで眠らせるのであれば、かなり良い株ですので、買ってみても良いんじゃないかと思います。(自分も損切した分くらい値段が下がってくれたら、あらためて検討したいところです。)

最後に一言

優待もらって書こうとも思って、半年以上もかかっている怠けぶり。

この記事をSNSでシェアする?

JT(2914)の嬉しい株主優待が到着! 2019年6月権利分を写真つき紹介


  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket