個人事業主の住民税ってどうやって仕訳すればいいの?

ビジネス

個人事業主をやっていて、戸惑う仕訳の一つが、住民税です。

以下に解説します。

個人事業主の住民税の仕訳

住民税に節税効果はナシ

住民税は経費にもならず、また、なにかしらの控除になることもありません。

仮に仕訳するなら「事業主貸」

住民税を仕訳する場合は、「事業主貸」を利用します。

住民税として事業用の普通預金口座から100,000円の現金を引き出して納付した時の仕訳は、下記のようになります。

日付 項目 借方 貸方
勘定科目 金額 勘定科目 金額
*/* 住民税の支払 事業主貸 100,000 普通預金 20,000

国民健康保険は、帳簿づけしなくても良い

住民税は、経費にもならず、控除にもならないため、そもそも事業の帳簿として記録する必要がありません。

なんだか雰囲気的には租税公課とかに使えそうな気はしてしまうんですが、残念ながら、住民税は対象外です。

そのため、仕訳自体の意味としては、事業主貸として処理するため、「事業主が会社からお金を引き出した」というだけのことになりますので、べつに仕訳をしなくても良いということです。

まとめ

住民税は、経費にも控除にもなりませんので、とくに仕訳をする必要もありません!

もし、事業用口座からお金を引き出したら、その分の事業主貸としての仕訳を記録するのみです。

個人事業主のことをもっと詳しく知りたい方へ!

著者がweb系の個人事業主・フリーランスを実際に一年間やってみた時の各種手続きについて、下記のページでまとめています。

初心者も丸わかり!webフリーランス個人事業主の「開業~青色確定申告までの具体的手順」まとめ

記事の中では、自分の実体験に基づいて、「開業届(青色申告の届け出)⇒日々の業務・取引⇒日々の帳簿づけ⇒年末の青色確定申告」までの具体的な手順について、詳しく解説しています。これから個人事業主・フリーランスを考えている人は、ぜひ参考に!

最後に一言

住民税は煮ても焼いてもダメなようです。

この記事が参考になったら「いいね!」

個人事業主の住民税ってどうやって仕訳すればいいの?


SNSのシェアはこちらから!

  • 1
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

運営者のYoshiと申します。今はフリーランスでWEB制作などしています。効率良い仕事が大好きです。ショートカット・マクロなどの業務短縮や、タスク・スケジュールのスムーズな進行管理などに気を遣っています。