確定申告の添付資料は"のり"で貼らなくても提出できる

雑記・豆知識

確定申告書では、添付書類をのりで貼って提出する、「添付書類台紙」があります。

添付書類には、「源泉徴収票、マイナンバーカード写し、民間保険の明細、ふるさと納税の寄付金受領証明書」などがあり、とてもじゃないですが、上記一枚の用紙に全部を"のり"で貼ることは面積的にも難しいことです。

そのため、自分は毎年、添付資料を"のり"で貼らずに提出しています。添付資料を簡易クリップで挟み、そのまま提出するだけで、税務署の方も普通に受理してくれました。

また、窓口の人次第とは思いますが、ある年では、添付資料をまとめて渡すと、

「こちらが添付書類ですねー。わかりましたー」

という軽いノリで、書式をまとめてホッチキスで『バチン』っと綴じてくれました。

……。

……。

「だったら、もうノリで貼るように書かず、最初から全員、ホッチキスでいいんじゃないの?」

などと思うのですが、依然として台紙の書式は変わらぬまま。

うーん。

まあ、やがて、ペーパーレスの電子申請が主流になっていくとは思いますので、もうしばらくの辛抱ですね(´・ω・`)

最後に一言

大体が大丈夫だと思いますが、頑固な人が窓口だと、揉めるかもしれないので要注意です。

この記事をSNSでシェアする?

確定申告の添付資料は"のり"で貼らなくても提出できる


  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

KIYOTATSU(キヨタツ)を運営しているウェブ制作者のYoshiです。面白いネタを求めて、インターネットをよく泳いでいます。テレビのバラエティも凄く好きです。ただし、渋谷のハイタッチ騒ぎなど、人様に迷惑かける系統のネタは好みません。