キーボード配列のプリント印刷データ(pdf・ai)を作ってみた!【タイピング練習用】

PC/スマホ

パソコンのブラインドタッチをしっかり覚えるため、キーボード配置をA4用紙にプリントアウトできるpdfデータ(aiデータ)を作ってみました。

キーボード配列のプリント印刷データの完成品

これからタイピング練習をしてみたい方は、ぜひ参考に使ってみてください!(本記事中で、印刷用のpdfデータとカスタマイズ用のaiデータも無料配布しています。)

キーボード配置のプリントアウト用データを作ってみた!

データの配布(印刷用pdfとカスタム用ai)

↓ 完成品はこちらです。ダウンロードしてお使いください。

A4サイズ用のキーボード配置pdfデータ

カスタマイズ用のaiデータ

※注意事項
・本データを利用しての商用利用は禁止とさせてください。(勉強用のみ許可)

こちらのデータは無料ですが、DLされる方でSNSをお持ちの方は、よろしければ本サイトのフォローと本記事のシェアをお願いします。

データの仕様

今回作成したものの仕様は以下の通りです。

・日本語のwindowsキーボード配置
・印刷しやすいよう、シンプルにグレートーンだけの構成
・自分の手持ちキーボードの配置そのままの構成
・Adobe illustrator CS5.0で作成

Macユーザーや海外キーボードを利用している方は、aiデータから自由に編集してもらって利用してもらえればと思います。

なお、aiデータはベクターデータですので、印刷サイズもお手軽に調整可能です。データの中身すべてを選択して、マウスでバッと引き延ばすだけで、A4サイズでなく、A3サイズに拡大したり、もっと縮小して使ったりすることもできます。イラストレーターを持っていない方は・・・Adobe CCに加入しましょう!

壁に貼って覚えていってください!

ブラインドタッチを習得するためには、ホームポジションによるタイピング方法を習得しながら、キーボード配置を覚えていくことが重要です。

練習法の一つとして、印刷した用紙をパソコンモニターの上などに貼る方法があります。キーの位置が分からない時は、手元を見るのではなく、壁に貼った用紙を見ることで、習得を促すというものです。

なお、壁に貼る際は、水に濡らせばすぐに剥がせる、ニトムズのはがせる両面テープを使うと、どんな壁にも汚れることなく貼れるので、とても便利です。

オススメのキーボード

タイピングの上達には使いやすいキーボードの存在も大事です。せっかくなら、少し奮発して、良いキーボードを準備することもオススメです。

最後に一言

完全なるブラインドタッチができる人には本当に憧れる。

この記事をSNSでシェアする?

キーボード配列のプリント印刷データ(pdf・ai)を作ってみた!【タイピング練習用】


  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

KIYOTATSU(キヨタツ)を運営しているウェブ制作者のYoshiです。長年windowsマン。サーバー勉強に併せて、Linuxも触り始め中。パソコン自作にならって、スマホ自作の時代になることを願っています。