無刻印キーボードなら「買う・貼る・交換」の3手段!

PC/スマホ

厨二病の心をくすぐりまくるアイテムの一つが『無刻印のキーボード』です。キートップに何も印字がなく、ブラインドタッチ必須の上級者仕様。

おしゃれデザインと優越感に浸れて、まさに自己満アイテムなのですが、そんな無刻印キーボードにする方法は「買う・貼る・交換」の3つがありますので、紹介したいと思います。

キーボードを無刻印にする方法!

本体を丸ごと購入する

一番てっとりばやいのは、無刻印のキーボードを新しく買ってしまうことです。有名なところですと、HHKBさんのものがありますが、なかなかお値段しますので、お金に余裕がある人向けです。

コストを下げるのであれば、完全無刻印を諦めて、キートップの目立たないところに印字されているタイプのキーボードを買う手段もあります。

ブラックアウトステッカーを貼る

Macbookの人には、ブラックアウトステッカーという便利格安アイテムがあります。

1,500~2,000円ほどの価格でゲットできて、既存キーボードにシールを貼るだけなので、最もお手軽な方法です。

キートップを交換する

メーカーにもよりますが、無刻印タイプのキーキャップを購入して交換する手段があります。たとえばHHKBさんであれば、白色・黒色どちらのキーキャップも展開しています。

キーキャップの交換は無刻印だけに限らず、キー配列のデザインをカラフルにするために実施されることも多く、こだわりのある人ならではの手段でもあります。

また、初めて交換する人は、youtubeでキートップ交換など検索すると、色んな方がわかりやすく動画にまとめてくれているので、とても参考になるかと思います。

まとめ

キーボードの刻印は便利ではあるのですが、ダサイといえばダサイです。

ブラインドタッチもできるし、ホームポジションの位置さえわかれば、記号の表示なんて必要ないぜ! という方は、ぜひ無刻印キーボードにチャレンジしてみてください。

……自分も挑戦してみたかったのですが、東プレさんで買った高級モデルが気に入ってるので、まだ踏み切れず、です。次回の買い替えでは、ちょっと無刻印キーボードにチャレンジしてみたいと思っています。

最後に一言

他の人には使いにくいけど自分には使いやすいというスペシャル感、たまらなく厨二心をくすぐります……!!

この記事をSNSでシェアする?

無刻印キーボードなら「買う・貼る・交換」の3手段!


  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

KIYOTATSU(キヨタツ)を運営しているウェブ制作者のYoshiです。長年windowsマン。サーバー勉強に併せて、Linuxも触り始め中。パソコン自作にならって、スマホ自作の時代になることを願っています。