PS4 / PS4 ProのSSD外付け・換装交換のカンタンまとめ【2018年版】

PC・機器

PlayStation®4やPlayStation®4 Proは、標準搭載のHDDではなくて、SSDの利用に切り替えることで、HDD読込時間分を短縮して、ゲーム速度を快適にすることができます。

この換装作業やオススメのSSDについては、たくさんの人が記事にしていますので、本記事では、その要点と、とくに分かりやすかった記事をピックアップして紹介したいと思います。

PS4 / PS4 ProのSSD換装・交換の要点ピックアップ!

PS4の種類を要チェック!

PS4には、初期型と、小型・軽量化の新型と、Proの3種があります。

1.初期型

初期型は、CUH-1000、CUH-1100、CUH-1200とあり、メーカー生産終了となっています。

2.小型・軽量化の新型

新型は、CUH-2000、CUH2100とあり、ベストセラーになっています。番号による違いは、CUH2100のほうが0.1kg軽くなっているようで、他にはとくにないようです。(生産側の工夫の問題であり、消費者側にはとくに影響ない様子。)

3.pro

映像表現が大きくパワーアップしたのがproモデルです。お値段もググっと上がっています。

PS4の種類の違い

SSD利用を考えるうえで、主な違いは、SATAです。

PS4は、対応しているHDDのインターフェースがSATA2。PS4 Proは、対応しているHDDのインターフェースがSATA3です。SATA 2は、実効転送速度300MB/sで、SATA3は、実行転送速度600MB/sとなっており、proのほうが性能が良いです。

そのため、PS4 proでは、内臓してあるHDDをSSDに換装することで、かなりのスピードアップが狙えます。通常のPS4は、内臓HDDを交換してもSATAによる上限を受けてしまうので、外付けSSDでお手軽に刺した方が早い、というのが大体の結論のようです。

詳しくは、下記の記事を参考にしてください!

▼簡単!外付けSSDでPS4を高速化「MHW」も快適に!
http://reochin.com/ps4-ssd/#PS4SSDSSD

▼あなたに最適なのはPS4®? PS4®Pro? どちらを選べばいい?
https://www.jp.playstation.com/blog/detail/4653/20170302-ps4pro.html

SSDに求められるスペック

PS4にSSD(HDD)をUSBケーブルで外付けすることは、じつは公式にもサポートされています。

・容量250GB以上
・USB3.0以降で接続(Gne1かGen2)
・SATA3
・PS4のシステムバージョンは4.50以降

また、PS4 proに対して、SSDを内蔵設置(HDDを換装交換)する場合は、下記のスペックが求められます。

・厚さ9.5mm以下
・容量160GB以上
・サイズ2.5インチ
・システム領域として約100GB使用される

容量については、どちらにしても余裕を持たせて、500GBか1TB以上~4TB程度を目安にしておくと良さそうです。

一点、注記としては、内蔵HDDを換装してもPS4/PS4Pro本体の保証期間に変更はないのですが、しかし、換装は自己責任で、トラブルが起きても自分で対処しなくてはいけません。しっかり調べてから作業するようにしましょう。

最低限、必要となるアイテム

まずは当たり前ですが、SSD本体が必要です。

外付けする場合はケースに入れてやりましょう。(最初からポーターブルSSDを買うのもアリ。)

内蔵HDDを取り出して、換装・交換をする場合は作業用のドライバーが必要です。

最後に、データ移行する際、システムソフトウェアの移動が必要になるため、容量1GB以上のUSBメモリが必要になります。(システムソフトウェアの容量がおよそ900MBのため。ギリギリ1GBにするよりは、最低2GB以上にしておいたほうが良い。)

換装・交換作業の分かりやすい説明記事

こちらの記事がたいへん分かりやすかったです。

▼中身を交換する方法
https://gameisbest.jp/archives/21118
PS4のHDDをSSDに交換する方法

▼外付けの方法
http://reochin.com/ps4-ssd/
簡単!外付けSSDでPS4を高速化「MHW」も快適に!

▼両方の説明まとめ
https://nanisama.org/2017/06/22/post-1479/

SSDのススメ

SSDは、SANDISKやSamsungのEVO、それから先ほど紹介したCrucialの人気が高いようです。

任意団体の動作確認済SSDもある

日本Samsungの販売特約店であるITGマーケティング株式会社は、独自の動作検証を行い、そのSSDの結果を一覧表にしてまとめています。

▼SSD動作確認結果リスト
http://www.itgm.co.jp/support/list.html

ただし、上記は古いSSDも混ざっての調査結果になるので、実際に購入する際は、最近のものを探した方が良いかもしれません。(昔のSSDを探そうとすると、逆にかなり高くなってしまいますので。)

まとめ

本記事では、PS4/PS4 proのSSDに関する情報をまとめて紹介しました。

そろそろプレステ5が噂されているので、もう換装・交換も必要なくなるかもしれませんが、まだまだ、これからPS4で遊ぶぜ!って人は、ぜひ参考にしてみてください! 夏休みも近いので、学生の方は、換装交換にチャレンジしてみても良いと思います!

最後に一言

初代PSの遅さもSSDで改善できたらなぁ。当時は地獄でした。

この記事が参考になったら「いいね!」

PS4 / PS4 ProのSSD外付け・換装交換のカンタンまとめ【2018年版】


SNSのシェアはこちらから!

  • 1
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

運営者のYoshiと申します。今はフリーランスでWEB制作などしています。長年windowsマン。サーバー勉強に併せて、Linuxも触り始め中。パソコン自作にならって、スマホ自作の時代になることを願っています。