普通預金の金利が0.1%! 楽天銀行と楽天証券のマネーブリッジ登録を早くやったほうが良い理由

生活

先日、三井住友銀行に預けていたお金をゴッソリ楽天銀行に移動させました。

理由は二つ。

・昔からの銀行は金利がふざけている
・昔からの銀行は手数料がふざけている

というものです。

楽天銀行は、一定金額以上の預金があると手数料がかなり優遇されますし、また、楽天証券の登録+マネーブリッジ登録まですると、金利が0.1%になるので、昔からの銀行とは比べ物にならないくらいサービスが良いです。(手続きはカンタンで、だいたい1週間~2週間で終わります。)

▼三井住友銀行(昔からの銀行)
・金利:0.001%
・ATM
┗平日8:45~18:00に提携ATMのみ無料
┗休日は金かかる

▼楽天銀行
・金利:0.1%
・ATM
┗預金額次第で手数料無料回数が増える
┗無料回数分であれば平日休日問わず24時間365日、無料
┗セブン銀行やローソンATMにも対応なのでどこでも利用可能!

昔からの銀行と楽天銀行を徹底比較!

金利0.001%と0.1%はどれくらい違う?

年間100万円を預けたとします。

0.001%⇒10円くらいの利子
0.1%⇒1000円くらいの利子

つまり、三井住友銀行には100万円を一年預けても10円ガムしか買えませんが、楽天銀行であれば美味しいラーメン一杯が食べられます。

500万円預けた時には、50円の駄菓子と、5,000円の美味しいランチの差です。

たったそれくらい、と思う人もいるかと思いますが、5,000円あれば、喫煙家の人はタバコ1ダース、酒好きな人は飲み会1回分くらいにはなります。それに比べ、駄菓子しかくれない相手にお金預けるメリットってあります?

手数料のウンザリ具合

昔からの銀行は、たいてい平日の昼間に手数料無料としています。

でも、声を大にして言いたいのは、社会人の多くは「平日の昼間に金なんかおろせねーよ!」って人がたくさんだということです。

・夜から飲み会になったから会社終わりに金をおろしたい
・休日遊びに行こうと思うから金をおろしたい

こんな時、昔からの銀行は、せこせこと100~200円くらいの手数料をかすめ取っていきます。一年に500万預けても、50円しか利息くれないくせに、そんな大層な手数料を取っていくのです。

比べて、楽天銀行は、ある程度の預金があればいつでも手数料無料です。

"お客様"や"ユーザー"のことを考えているサービスはどっちなのか。これは言うまでもないことだと思います。

店舗があるから安心、の落とし穴

それでもネット銀行を嫌う人は、こう言うでしょう。

「だって楽天銀行は店舗がないから怪しくて不安」と。

でも、自分はこう言いたい。

「昔からの銀行は店舗があっても、土日休日やってないじゃない」と。

一部店舗は休日営業していますが、ほとんどの昔からの銀行は、土日休日お休みです。

「……なめてんの?」と、自分は思います。

しかも用事があって、平日に行ったら行ったで、順番待ちはすごいし、ちょっとした用事が1時間仕事になったりします。

しかし、楽天銀行であれば、ネット完結なので、待つ必要もないし、休日であっても手続きができます。

メリットしかありません。

なので、昔からの銀行しか使ってない人は、なるべく早めにネット銀行も持っておくべきです。

でも、確かに、インターネットが使えない人は仕方なし

これまで昔からの銀行を散々ディスりましたが、しかし、確かにインターネットを使えないと、楽天銀行は不安です。

なので、インターネットを扱えない人に限っては、やはり昔からの銀行が安心なのだとは思います。

まとめ

金利と手数料による恩恵は、ネットの方がはるかによいです。昔からの銀行しか口座を持っていない人は、なるべく早めにネット銀行を一つでも持っておいた方が良いです!

最後に一言

お金の預け方、見直さないとな~。

この記事をSNSでシェアする?

普通預金の金利が0.1%! 楽天銀行と楽天証券のマネーブリッジ登録を早くやったほうが良い理由


  • 1
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

KIYOTATSU(キヨタツ)を運営しているウェブ制作者のYoshiです。家事・インテリア好きで、雑貨屋に行くと、よく無駄な出費をしてしまいます。快適な暮らしのためには、お金を惜しまない性格です。