wpプラグインSNAPでtwitterとfacebookの投稿自動シェア設定した時の手順・備忘録

web制作

先日、運営サイトの一つで、プラグインSNAPを導入したので、備忘録のため、その時の手順を一式、書いておきます。

SNAPのインストールから設定までの手順

まずはプラグインをインストール&有効化

wordpressで「NextScripts: Social Networks Auto-Poster」を新規追加してインストール&有効化します。

必要SNSのアカウントと開発者アカウントを作っておく

当たり前ですが、自動投稿するということは、事前に、各SNSのアカウント+開発者アカウントが必須です。

・facebookのアカウント(サイトページを持っておく。)
・facebookの開発者アカウント

・twitterのアカウント
・twitterの開発者アカウント

アカウント作成後は、それぞれの開発者アカウントにて、自動投稿用のアプリを作成し、そのアプリとwordpressのSNAPも紐づける(設定してあげる)という手順を踏めばOKです。

詳しい手順は以下の通り。

facebook API側の設定

facebookの開発者アカウントとアプリは、以下のURLから作成可能です。

まずはfacebook開発者用のアカウントを作成してから、サイト自動投稿用のマイアプリを作成となります。

マイアプリ作成においては、下記の手順で作成可能です。

・サイドメニュー「設定>ベーシック」、画面下の「プラットフォームを追加」でwpのURLを入力
┗画面上部に、「アプリID」と「app secret」の文字列は、あとでコピペで使用するので覚えておく

・サイドメニュー「プロダクト」にて、「facebookログイン」を追加
┗「有効なOAuthリダイレクトURI」に、wordpressのログインURLを入力する。(詳しくはこちらのサイトの記事参照。)

facebook側で準備できたら、wordpressのSNAP管理画面に登録していきます

SNAPにfacebook登録をする

wordpressのサイドメニュー「SNAP」にある「Accounts」をクリック。

「Add new account」というボタンがあるのでクリックして、「facebook」を選択します。

すると、「Account Info」というタブメニューが表示されて、そこに「App ID」と「App Secret」の入力欄あるので、先ほどのfacebookアプリ画面の文字列をそのままコピペ入力します。

文字列の入力後、「Authorize Your Facebook Account」をクリックすると「facebookとの連携しまっせ」という確認画面に移行するので、Yesを選択していく。この時、エラーが起きる時は、先ほどのアプリ設定画面の「有効なOAuthリダイレクトURI」がうまく設定できていない可能性が非常に高いので、きちんとチェックします。

OKが出たら、あとは、「Where to Post」に、自動投稿する該当のfacebookページを選択し、「Post Format」で、投稿のフォーマットを指定してあげればOKです。

【要点まとめ】

1.Account Info
┗「App ID」
┗「App Secret」

2.Authorize Your Facebook Account
┗エラーの時は、「有効なOAuthリダイレクトURI」を見直す

3.Where to Post
┗facebookの該当ページを選択

4.Post Format と Post Typeをお好みで指定
┗自分は、Post Formatに「%TITLE%」と入力し、Post Typeを「Shared Link」に設定。(これで十分)

以上で、facebookの自動投稿連携は終了です。

次にtwitterの手順です。

twitter API側の設定

twitterの開発者アカウントとアプリは、下記URLから作成します。

・twitter developer
https://developer.twitter.com/

アカウント自体は、twitterアカウント持っていればOKなので、こちらはアプリ作成するだけでOKです。

「Apps」のページに移動して、「Create an app」で必要項目を入力していって、申請します。

・App name (required)
⇒好きな名前を入力

・Application description (required)
⇒ここが面倒で、英語で200文字以内の文章を入力しないといけない。Google翻訳でOK。内容は、「wordpressと連携して、twitterのユーザーに情報を届けたいです」みたいなことを書けば良い。

・Website URL (required)
⇒wordpressのサイトURLを入力

・Allow this application to be used to sign in with Twitter
⇒チェック入れる

・Tell us how this app will be used
⇒こちらも英文。先ほどと同じような内容でOK。Google翻訳に頼る。

申請すると、登録しているメールアドレスに、確認URLなどくるので、それを必ず踏むこと。そうしないと、いつまで経っても申請認可されません。

早い時で一瞬、遅い時で数時間ほどすると、twitterから認可が出て、アプリが作成できます。

この後、とくに編集の必要などはなくて、アプリの設定画面、「Keys and tokens」から、「API Key」と「アクセストークン」の文字列をゲットすればOKです。wordpressのSNAP管理画面に戻りましょう。

SNAPにtwitter登録をする

facebookと同じ要領で、twitterの登録をします。

「Account Info」には、下記の内容を設定すればOKです。

・Your Twitter URL
⇒twitterのプロフィール画面のURLを入力

・API Key (https://apps.twitter.com/)
⇒先ほどのtwitterアプリ画面から取得

・API Secret:
⇒先ほどのtwitterアプリ画面から取得

・Access Token
⇒先ほどのtwitterアプリ画面から取得

・Access Token Secret:
⇒先ほどのtwitterアプリ画面から取得

・Message Format: (Show format info)
・Attach Image to the Post
⇒お好みで。

ちなみに自分の設定は、

----------------

・Message Format: (Show format info)
⇒「 %TITLE% %URL% 」

・Attach Image to the Post
⇒外し

----------------

です。

まとめ

上記手順にて、SNAPによるwordpressとtwitter、facebookの自動投稿設定が可能となります。

SNAPは、投稿記事個別に、SNS拡散時のコメント内容やハッシュタグなどをお好みで編集したりもできるので、たいへん便利です。SNSと連携したサイト運営をする際は、積極的に利用していきましょう!

最後に一言

SNAPの響き、妙に良いのは、やはり・・・

この記事をSNSでシェアする?

wpプラグインSNAPでtwitterとfacebookの投稿自動シェア設定した時の手順・備忘録


  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

KIYOTATSU(キヨタツ)を運営しているウェブ制作者のYoshiです。得意な分野はディレクションとコーディングです。デザインはシンプルなものだけ可能です。他、色々と随時習得中です。