SSLのhttps対応したら、グーグルタグマネージャのイベント解析が0になった時の対処法

web制作

先日、当ブログサイトのSSLのhttps対応をしました。(その時の詳しい手順などはこちらの記事にまとめてます。)

この時、Googleタグマネージャ(以降、GTM)については、修正の必要がないと思っていたのですが、じつは勘違いだったようです。

具体的には、以下の通りです。

https対応で、グーグルタグマネージャのイベント解析が0になってしまった時の対処法

連携しているアナリティクスの管理画面にて、イベント解析を久しぶりにチェックしてみたら、https対応してからの解析が0になっていました。

慌てて、GTMの管理画面へ移動。そしたら、すぐに原因に気がつきました。

問題の箇所は、「url正規表現に一致」の部分です。そういえば、ここでイベント解析用のトリガー部分で、URLの指定していたことをすっかり忘れていました。

というわけで、変更設定をします。

これでOKです!

ちなみに、設定変更後は、ちゃんと『公開』をして、バージョンアップ内容を反映させないといけないので、お忘れなく。

正規表現を使っている人は、要注意!

GTMのイベントトラッキングでは、イベント解析用のトリガー設定でURLを記述することで、サイト内全部のイベントをお手軽に追跡できるようになります。

Google タグマネージャーでイベントトラッキングをアクセス解析用に設置する方法

ただし、SSLのhttps対応をすると、当然ながら、正規表現のキーも変わりますので、修正してやる必要があります。

まとめ

SSLのhttps対応をする時は、GTMは基本的に修正いらずですが、正規表現を使っている時は修正が必要な時もありますので、注意してください!

最後に一言

もっと早く気づけば良かった……2週間分くらいのデータがなくなってしまったよ!!

この記事が参考になったら「いいね!」

SSLのhttps対応したら、グーグルタグマネージャのイベント解析が0になった時の対処法


SNSのシェアはこちらから!

  • 1
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

運営者のYoshiと申します。WEB制作は、HTML/css/javascript/PHP/git/wordpress/MT/DB/photoshop/illustrator/fireworksなど扱えます。サーバー・アプリなども習得中。