家の耐火防水金庫に「米国安全規格合格製品」を買ってみた!

アイテム

泥棒対策というより、火事・震災・台風などの対策で、防水・耐火を備えた自宅用の金庫を探したところ、ottostyle.jpの金庫が良さそうで購入しました。

アメリカの安全規格に合格しており、防水性&耐火性OK。コスパも良くて、重さもそこそこで、カギも複雑じゃないところがすごく気に入りました。

購入したもの

楽天セールでお得にゲットできました。5Lの小型タイプはお値段5,700円ほど。そこからポイントが多くついたのでオトクでした。

どこのメーカー?

調べてみたところ、ottostyle.jpは、株式会社クローバーという日本の会社が運営しているようです。レビューなどの評判も良く、とくに問題もなさそうなので購入を決意しました。

さっそく使ってみた

こちらが、実際の金庫です。諭吉一万円を置いてみると、大きさの具合が良くわかります。

家庭用の耐火金庫

カギは、ダンボールの緩衝材の裏にあるので、見落とさないように気をつけましょう。

家庭用の耐火金庫

最初、入っていないんじゃないかと思って、少し焦りました 笑

どれくらいの容量?

試しに4千円をいれてみました。見ればわかりますが、だいぶ入りますね。数百万円程度は余裕で入るでしょうし、パスポートや貴金属なども十分に入ります。

家庭用の耐火金庫

安い割に品質がすごく良い

持ってみるとわかるのですが、かなり造りがしっかりしています。試そうとは思わないのですが、米国安全規格に合格した、防水&耐火のダブルプロテクション機能も納得の感じです。

家庭用の耐火金庫

開閉もしやすい

鍵もダイヤルや番号入力みたいに面倒でなく、カギを刺して開けるタイプなので、扱いが楽で良いです。

また、カギは複製がしにくいタイプのものらしく、付属されたものにはシリアルナンバーが振ってあります。もし紛失してしまった時は、この番号さえ覚えておけば、メーカーに準備してもらえるそう。

部屋の中での持ち運びも便利

蓋の横や、ケースの底横に、指を入れる場所があるので、ケースを開けたり、持ち運びをする時、とても持ちやすいです。

家庭用の耐火金庫

重さは?

約10kgです。

男であれば普通に持ち運べる重さなので泥棒対策には頼りないです。でも、地味に重いので、これを抱えて走ったりするのは結構つらいです。そこそこサイズもあるので、これを持って歩いていると不審者なのは間違いなしです。

収納がしやすい

手提げのついたトランクケースタイプですので、縦に置くことも横に置くこともできます。部屋の色んな隙間にスッポリと収納できるので、置き場所にも困りません。また、ぱっと見、金庫というより、ただのトランクケースにも見えるところもポイント高いです。

家庭用金庫を探している方にオススメの一品

個人的な意見になりますが、安い金庫を探すと品質が露骨に悪く、高い金庫を探すと重すぎたり鍵が複雑すぎたりと、なかなか良い感じのモノがありませんでした。

その中で、ottostyle.jpの金庫は、コスパも良く、品質も良さそうで、カギも開閉ラクかつセキュリティもそこそこ信頼できそうで、なかなか良い買い物だったなと感じます。これから手頃な家庭用金庫を探している方は、ぜひ参考にしてみてください。けっこうオススメです。

最後に一言

基本キャッシュレス派なのですが、緊急時の最低限の現金と、火事などで紛失した時に再発行が面倒くさそうなものは保存しておこうかなと思ってます。

この記事をSNSでシェアする?

家の耐火防水金庫に「米国安全規格合格製品」を買ってみた!


  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket