新橋駅から豊洲市場へバスで行く方法(バス停の地図・時刻表・写真つき)

お出かけ

先日、話題の豊洲市場へ行きました。

色んな交通手段がありますが、自分は新橋駅から豊洲市場現地に直通するバスに乗りました。

で、ネットで情報を見ていたら、どこにバス停あるのか、よく分からない情報ばかりでイライラしたので、参考までに自分がわかりやすく紹介したいと思います。これから豊洲市場へ行こうと思っている方は参考にしてみてください!

新橋駅から豊洲市場へバスで行く方法

バス停の位置

新橋駅から東側・銀座口を降りてすぐ、「市1」のバス停乗り場から、豊洲市場へ直通便バスが出ています。

こちらがバス停の写真。看板上部・緑のイチョウマークの裏側に"1"って書いてあります。あと、駅降りてすぐに、ビッグエコーなどの看板が見えます。(2018年12月時点の話)

新橋駅~豊洲市場のバス時刻表

こちらが2018年12月時点の時刻表です。

見ると分かりますが、9時までの時間帯であれば一時間に4本以上のバスがきますが、それ以降の時間帯だと、かなり少ないです。なるべく朝早めに行った方が良いです。

ちなみに自分は平日に8時台の便に乗って、座って行けました。

※2018/12/30~1/3は年末年始で運休のため、要注意!(12/29は土曜ダイヤになります。)

料金

210円です。(SUICAなどICは206円。)

乗車時間・経路

乗車時間は、およそ20分程度で、バスの経路はこちらです。

注意点は、2つあって、

・水産仲卸棟は関係者以外降りない場所
・市場前駅前ではなくて、「豊洲市場」の駅で降りる

という感じです。(車内アナウンスあるので、しっかり聞いておけば大丈夫。)

(通常便)

新橋駅前

浜離宮前

築地五丁目

国立がん研究センター前

築地六丁目(旧・築地市場らへん)

勝どき駅前

晴海トリトンスクエア前

市場前駅前

豊洲市場 or 水産仲卸棟⇒豊洲市場

(急行便)

新橋駅前

浜離宮前

築地五丁目

国立がん研究センター前

水産仲卸棟⇒豊洲市場

到着先は「豊洲市場・管理施設棟前」

豊洲市場には、大きく分けて、管理施設棟、水産卸売場棟、水産仲卸売場棟、青果市場青果棟の4カ所があり、新橋駅からのバスだと、管理施設棟の目の前に停まります。

こちらが停留所です。

で、降りてすぐに、管理施設棟があります。

管理施設棟の3Fに昇ると、インフォメーションセンターもあるので、いったん、そこで現地の地形や、観光先などを一式把握しておくと、効率的に観光ができるかと思います。

帰りの際もバスを使うなら、停留所の場所は、管理施設棟前となります。この時の注意点としては、帰りは便が少なく、また、「東陽町行き」と「新橋駅行き」の二種類があるので、間違えないようにしましょう。(どちらも大きく離れた場所ですので、間違えると大変です! 時刻表はきちんとチェックしておきましょう。)

まとめ

豊洲市場の現地までバスで行くには、新橋駅からのバスを使いましょう!

また、豊洲市場はできたばかりの施設ということもあって、時刻表などは変わる可能性もあるので、本記事は参考程度にしてください!

最後に一言

3~4人パーティなら、タクシーもアリです!

この記事をSNSでシェアする?

新橋駅から豊洲市場へバスで行く方法(バス停の地図・時刻表・写真つき)


  • 1
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

KIYOTATSU(キヨタツ)を運営しているウェブ制作者のYoshiです。休日のストレス解消法は、ドライブ/観光/フットサル/ゴルフ/サッカー観戦/カフェ/競艇/スパ/温泉/酒など。順調にオッサン化が進行しているようです。