TP-LINKルーター C5400をリセットする方法(初期化のやり方)

PC・機器

TP-LinkルーターのArcher・C5400のリセット方法はカンタンです。

電源を入れた状態で、機器本体の裏面にある「RESET」の穴に、爪楊枝などの細くて固いモノで、長押し10秒すれば、初期化されます。

(C5400だと一番左側の小さな穴がRESET穴です。)

リセットすると、本体機器に設定していたものが、すべて初期化されます。

APモード(ブリッジモード)がうまく設定できない時など、初めからやり直したい時、ぜひ活用するようにしましょう。

RESETは引っ越し先での再設定に使える

先日、下記の作業をしました。

▼A事務所
・C5400をAPモード(ブリッジモード)で運用

↓(引っ越し)

▼B事務所
・同じC5400をAPモード(ブリッジモード)で運用

この時、A事務所の設定そのままでは、B事務所でうまく使えず、RESETをしてみて、あらためて最初から設定したら、スムーズに設定ができました。

なので、引っ越した時に、うまくルーターが動かないという状況になったら、RESETしてからやり直してみると、解決につながるかもしれません。

設定方法は以下の記事で詳しく紹介しています。

NTT PR-500MIのPPPoE機能でTP-LINK C5400をAPモードで繋げてみた・その1 概要・準備編

大声で言えないこと

もし、C5400を使っている家や職場があれば、上記のRESET作業をすると、誰でもカンタンに初期化できてしまいます。

それはつまり、超カンタンにLAN環境への侵入を許してしまう、ということです。(初期化⇒ハードの裏側見る⇒LAN環境に侵入)

他のルーター機器でも同じことが言えますので、ルーターを設置する際は、ご家庭レベルはともかく、職場レベルでは、なにかしらのセキュリティ対策は施した方が良いでしょう。(監視カメラなど)

最後に一言

ルーター講座とかあれば、行きたい……。

この記事をSNSでシェアする?

TP-LINKルーター C5400をリセットする方法(初期化のやり方)


  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

KIYOTATSU(キヨタツ)を運営しているウェブ制作者のYoshiです。長年windowsマン。サーバー勉強に併せて、Linuxも触り始め中。パソコン自作にならって、スマホ自作の時代になることを願っています。