ユニプレス(5949)の嬉しい株主優待が到着! 2020年3月権利分を写真つき紹介!

株・資産

2020年7月2日、ユニプレスさん(5949)から株主優待が届きました。これは2020年3月の権利のもので、写真を交えて紹介したいと思います。

ユニプレス 封筒

株主優待の内容紹介(2020年3月権利分)

1年目は株主優待ポイント1000円分!

優待は、100株保有の1年目だと、ユニプレスさんの株主優待ポイントが1,000Pもらえますので、パンフレットから、1,000円相当のものを一つ選べます。

ユニプレス 株主優待

自分は、最も還元率の高い(と思われる)キッズスマイルQUOカード(1,000円分)にしました。

ユニプレス 株主優待

定価1,090円で、そのうち50円は寄付に回るというカードなのですが、これはユニプレスさんが全額負担してくれます。つまり、株主の自分たちは、1,000円分のクオカードをもらえる=1,000ポイントを等価交換できるので、かなりオススメです。

長期保有制度もアリ!

2年目で+1,000P、3年目で+1,000Pなので、3年以上保有すると、100株で3,000円相当の優待になる楽しみがあります。

個人的には、キッズスマイルクオカードが3年後もあれば、3,000ポイントで3枚もらえますので、すごくありがたいですね。

配当金「2750円」

今回は、1株あたり27.5円でしたので、100株保有で2750円もらえました。

色々と大変だったみたいで、少し遅延したようです。

※参考:剰余金の配当に関するお知らせ
https://www.unipres.co.jp/asset/50649/view

感想

ユニプレスさんは、自動車部品、金型治工具の設計・製造・販売を主要な業務とする総合プレスメーカーです。

事業内容も固く、業績数字も良好で、キャッシュも潤沢。その上で、配当&優待がバランス良く充実していたこともあって、ここ数年は1,500円~2,500円くらいの価格帯で、かなり人気銘柄でしたが、コロナショックで1,000円を割ってしまうほどに、ものすごく株価を下げてしまいました。

じつは、自分は2019年末頃に購入しており、2月~3月にかけて途中で損切したものの、そこそこダメージを受けました。ただ、あらためて業績数字などを見返してみた時、「長期的に考えれば、これが1,000円未満なら100株くらい買っておいても良いのでは」と感じて、確保しておきました。

年初来安値で809円をつけており、この先、まだ下がるかもしれませんが、長期でガチホする分には、気にしたら負けかなと思っています。仮に500円とかなることあれば、ナンピンするのみです。

まとめ

ユニプレスは、優待・配当好きの方には、オススメの銘柄です。とくに、今現在はコロナショックの影響もあって、かなりリーズナブルにゲットできます。

もちろん、今後の情勢次第では、減配や無配・優待制度の変更などリスクはありますが、そういうことを言っていたら、長期投資はできないので、自分は画面を見ずに我慢ホールドです!

最後に一言

途中で損切したけど、プラスに考えれば「安い価格で仕入れ直すことができた」という感じで、3年後が楽しみです。

この記事をSNSでシェアする?

ユニプレス(5949)の嬉しい株主優待が到着! 2020年3月権利分を写真つき紹介!


  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket