カメラ用カーボン三脚「VEO 2 235CB」の購入レビュー! 機構は? 組立方法は? 写真でカンタンに紹介!

レビュー

先日、VANGUARD(バンガード)のカメラ三脚「VEO 2 235CB」を購入しました。

なので、これからVEO 2 235CBを買おうかどうか検討している人のため、どんな機構になっているのか、また、組み立て方法などを写真でざっくり紹介していきたいと思います。

写真で見よう VEO 2 235CB の機構と組立方法

外箱と中身一式

外箱。

三脚 初心者 おすすめ バンガード VEO 2 235CB

中身は、三脚本体、カメラ固定具、ローアングル用カメラ固定具パーツ、三脚収納袋、説明書が入っています。

三脚 初心者 おすすめ バンガード VEO 2 235CB

手に持ってみても軽い

約1.2kgですので、片手で十分に持ち運べます。カーボン素材なので表面も触り心地よしです。

三脚 初心者 おすすめ バンガード VEO 2 235CB

付属の収納袋まで、とてもスマート

肩掛け式になっていて、デザインも素敵です。

三脚 初心者 おすすめ バンガード VEO 2 235CB

蓋になっている部分は内側にも織り込めるので、雨風の強い時でも安心です。

三脚 初心者 おすすめ バンガード VEO 2 235CB

普段はコンパクト。使用時はスピーディーに組立可能

VEO 2 235CBがコンパクトに収納可能になっている理由は、センターポール機構にあります。写真で伝えますと、

三脚 初心者 おすすめ バンガード VEO 2 235CB

三脚 初心者 おすすめ バンガード VEO 2 235CB

三脚 初心者 おすすめ バンガード VEO 2 235CB

という感じで、心棒をカンタンに起こせるので、普段はコンパクトに持ち運びできて、いざ使う時は、すばやいセットアップが可能、という仕様になっています。

また、心棒を起こした後は、下図のネジ部分を調整することで好きな高さでカンタンに固定可能です。

三脚 初心者 おすすめ バンガード VEO 2 235CB

使い終わった後は、心棒の金属ボタンの部分(写真中央の金属ポチボタン)を押しながら折り畳むことで、カンタンに収納可能です。

三脚 初心者 おすすめ バンガード VEO 2 235CB

開脚角度は20°、45°、80°の三段階

各脚部分には開閉用のボタンがあり、これを押しながら開脚具合を調整できます。

三脚 初心者 おすすめ バンガード VEO 2 235CB

20°、45°、80°のそれぞれの部分でボタンが押し開いて固定されます。

三脚 初心者 おすすめ バンガード VEO 2 235CB

80°まで開いた時はローアングル用の固定具を使って、中央の心棒部分を交換してあげる必要があります。(換装が面倒なので、ローアングルをしたい人は小さい三脚を買った方が早そうです。)

三脚 初心者 おすすめ バンガード VEO 2 235CB

脚の長さ調整がとてもスムーズ

こちらが三脚の足部分。

三脚 初心者 おすすめ バンガード VEO 2 235CB

ツイストロックといって、ゴムリングのようになっている調整具部分を一ひねりしてあげるだけで、脚をカンタンに拡縮できます。(固定する時も同様。)

三脚 初心者 おすすめ バンガード VEO 2 235CB

最大まで伸ばすと、これくらい開きます。

三脚 初心者 おすすめ バンガード VEO 2 235CB

最大長さで望遠レンズのD5300を固定してみました。

三脚 初心者 おすすめ バンガード VEO 2 235CB

脚部分はけっこう丈夫でゴム足にもなっていて、多少の風などには耐えられますが、しかし、人がぶつかってきたくらいの衝撃を受けると、さすがに転倒しますので要注意。ちゃんとした足場を見つけて展開してあげることが大事です。(もちろん室内だと安定して支えてくれます。)

カメラ固定部の三軸周りも滑らかに調整可能

心棒のY軸周りの調整は、レバーをちょっとひねってあげるだけでOK。目盛もついているので、どれだけ回転させたかが数字で明確に分かります。

三脚 初心者 おすすめ バンガード VEO 2 235CB

こちらはカメラ固定具のXYZの三軸調整。レバーで緩めて、球体部分で自在に調整可能です。

三脚 初心者 おすすめ バンガード VEO 2 235CB

カメラ固定具(土台)には、水平器がついているので、水泡の位置を見ながら調整してあげれば、足場が悪くてもしっかり水平にカメラを固定してあげることが可能です。

三脚 初心者 おすすめ バンガード VEO 2 235CB 水平器 水泡

三脚 初心者 おすすめ バンガード VEO 2 235CB 水平器 水泡

カメラの固定方法

カメラを土台に置くためには、こちらの固定具パーツを使います。

三脚 初心者 おすすめ バンガード VEO 2 235CB

どのカメラにも、三脚固定用にネジ穴があるので、ここに接続します。

三脚 初心者 おすすめ バンガード VEO 2 235CB

三脚 初心者 おすすめ バンガード VEO 2 235CB

カメラ側の準備が終わったら三脚側の固定部分のネジを緩めて、

三脚 初心者 おすすめ バンガード VEO 2 235CB

ここにはめこんでいきます。

三脚 初心者 おすすめ バンガード VEO 2 235CB

三脚 初心者 おすすめ バンガード VEO 2 235CB

これで固定はバッチシです。望遠レンズでもしっかり安定です!

三脚 初心者 おすすめ バンガード VEO 2 235CB

VEO 2 235CB レビュー

要点としては、2万円オーバーの品物だけあって、確かな品質・大満足、という一品です。

記事が長くなったので、感想など、詳しくは下記をご覧下さい。

カメラ初心者が初めての三脚にバンガードの「VEO 2 235CB」を選んだ理由&使ってみた感想

まとめ

ラフな環境で日常的に使うような人でなければ、三脚は、長く愛用するものです、

なので、あんまりケチケチしないで、良い製品を一本買っておいたほうが良いと個人的には思います。(安いのを買って、重かったりセッティングが面倒で使わなくなって……では、ちょっと悲しいと思います。)

三脚を探す時は、ぜひVANGUARD(バンガード)も一つ、手に取ってみてください!

最後に一言

はやく夜景を撮影しに行こう……!

この記事が参考になったら「いいね!」

カメラ用カーボン三脚「VEO 2 235CB」の購入レビュー! 機構は? 組立方法は? 写真でカンタンに紹介!


SNSのシェアはこちらから!

  • 1
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

運営者のYoshiと申します。今はフリーランスでWEB制作などしています。本・映画・時事ネタなどで思った感想・批評について、チラシの裏に書いておけば良いモノを臆面もなくネットに公開して、図々しく雑記してます。