webディレクターに向いている人ってどんな人? 元webディレクターが必要と感じるポイントまとめ

IT/web

自分は、昔、web制作会社でwebディレクターをやったことがあります。また、自分がwebコーダーになり、webディレクターさんとやりとりしたこともあります。つまり、双方向からwebディレクターさんがどんな職種なのか、しっかり理解する経験をしたことがあります。

その経験から、webディレクターに向いている人のポイントをカンタンに紹介したいと思います。

▼この記事がオススメの人
・webディレクターに興味ある人
・webディレクターになったけど向いてないと思う人

webディレクターが向いている人の特徴

間違い探しがうまい

まず、自分が最初に思うことがコレです。

サイゼリヤだったり飛行機だったりで、よく間違い探しのクイズみたいなものがありますが、これがうまいかどうかは、webディレクターにとって、とても重要です。

なぜかといえば、webディレクターの仕事の多くは「間違い探し」をすることだからです。

▼web制作における間違い探し
・お客さんに出すワイヤーフレームの制作で誤りないかチェック
・デザイナー制作のデザインデータに誤りないかチェック
・コーダー制作の構築データに誤りないかチェック
・エンジニア関連あれば、それにも誤りないかチェック
・メール送受信において誤りないかチェック
・見積書や契約書などに誤りないかチェック
etc...

たぶん、四六時中、誤りないかチェックしているのがディレクターです 笑

なので、間違い探しに気づくのが苦手な人や遅い人は、その能力がそのままダイレクトに仕事に影響します。よくトラブルを起こすディレクターさんは、チェックが甘かったり、なんか抜けている、ってことが多いです。

逆に、間違い探しが得意で、すぐに誤りに気づくタイプはwebディレクターの素養ありだと自分は思います。(ベテランの方ほど、webサイトのチェックが鬼のように早いです。)

普段からメールの返信が素早く小まめ

次に思うのがコレです。

有能なディレクターさんほどレスポンスが速くて、メールを寝かしません。すぐに返信して、なるべく相手にボールを渡した状態にしています。

これが、だらしないディレクターさんだと、メールが届いているのに放置を続けて…最悪の場合は締切を過ぎて大炎上、というトラブルも起こします。

なので、普段からメールが早かったり、ラインなどで、すぐに返信する小まめなタイプの人はwebディレクターに向いていると思います。(返信がめんどくさい、文章を書くのがめんどうくさい、というタイプは、それが業務のコアとなるディレクターには、あまり向かないかもしれません。)

人によっては、数日どころか週をまたいだり、月をまたいだりしてメール放置するので、本当、重要なポイントです。

会話のキャッチボールができる

個人的に、一番大事なのがコレです。

・問われた質問に、イエス、ノーなど具体的にきちんと答える
・抱えている疑問があればきちんと質問して、その回答を具体的に得る

書き出すとシンプルで当たり前なことですが、これができないディレクターさんもたまにいるようです。そういう場合、なかなか制作がカオスになったりします。

具体的には、あれ聞いていなかった! こういう連絡きてた! など後から騒ぎ出し、結果、クライアントや制作陣へ迷惑をかけます。

嘘をつかない

そもそもwebディレクター以前の問題のようにも思いますが、けっこうウソつく人もいるので、書いておきます。

自分が誤った情報のやりとりをしても、それを認めず、挙句の果てには制作陣だったり、相手側の聞き取りが悪いと言い出す始末。

そんなディレクターさんは、まず信用されませんが、しかし、現実に、そこそこいるようにも感じます。

己の非を認められる性格かどうか、ちゃんと謝罪できるタイプかどうかも、ディレクターには大事だと思います。

webディレクターには種類がある

これまでに書いてきたことは、あくまでwebディレクターの基本編です。

というのも、webディレクターって、けっこう色んなタイプがいるので、それぞれで特性も変わってくるのです。

下記に簡単に紹介したいと思います。

▼webディレクターの種類と特徴

・企画/マーケティング系
⇒まず数字に強い人、そして世間の流行感度が高く、ツール操作や資料制作の得意な人が向く。

・営業系
⇒とにかく勢いとコミュニケーションが得意な人が向く。受注、受注、売上が得意な人向け

・制作/システム系
⇒デザイン、構築、プログラムなど制作に関する知識ある人向け。自分でも手を動かせると強い。

・アートクリエイティブ系
⇒デザインが得意な人向け。デザイナーさん出身が多い。

と、こんな感じです。

webディレクターって、何でも屋さんなところあるので、あとは「なんにでも興味を持って取り組める精神とガッツ」なんかも重要だと思います。(他の仕事でも同じことですが!)

まとめ

webディレクターといっても、本当にピンキリです。

一見、何年も修行しないとなれない上級職みたいなイメージもありますが、「HTMLとCSSまったくできないよ!」って人がwebディレクターになってたりもするので、じつはライトな職業でもあります。

自分に資質ありそうだなと思ったら、次は、どんなwebディレクターを目指すか、目標を決めるのも大事です。

最後に一言

なんでも文句いわずにやるのが大事です。

この記事をSNSでシェアする?

webディレクターに向いている人ってどんな人? 元webディレクターが必要と感じるポイントまとめ


  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

KIYOTATSU(キヨタツ)を運営しているウェブ制作者のYoshiです。得意な分野はディレクションとコーディングです。デザインはシンプルなものだけ可能です。他、色々と随時習得中です。