wordpressのカスタム投稿と同じスラッグ名のURLページを作成する方法

web制作

今回はwordpressのカスタム投稿の備忘録です。

たとえば「original」というスラッグ名のカスタム投稿を作成した時、以下のように設定を切り換えることで、固定ページもしくはアーカイブページとして、同スラッグ名のURLページを準備することができます。

▼アーカイブページとして設置する場合
・'has_archive' => trueの設定にする
・archive-original.phpのファイルを作成する
・「http://*****/original/」というURLページになる

▼固定ページとして設置する場合
・'has_archive' => falseの設定にする
・page-original.phpのファイルを作成する
・管理画面で固定ページを作成する。(originalのスラッグにすること)
・「http://*****/original/」というURLページになる

あとは、アーカイブページもしくは固定ページにおいて、wp_queryなどを用いて、好きなように出力すればOKです。(アーカイブページだと、wp_query使わずとも単純にループさせれば表示されると思います。)

ちなみに、has_archiveの設定を切り換えて、アーカイブ⇔固定を変更した時は、たまにエラーが出ますが、パーマリンクの設定を更新してあげると、きちんと反映されます。

まとめ

カスタム投稿のスラッグ名で一覧ページを作るなら、has_archiveの設定を切り換えて、アーカイブページか固定ページにしましょう。

やっぱり、「http://*****/original/記事1」とあった時、その上位ディレクトリの「http://*****/original/」を検索して何も表示されないとイヤだと思うので、アーカイブページか固定ページとして、しっかり一覧ページなど作成しておいた方が良いと思います!

この記事が参考になったら「いいね!」

wordpress

wordpressのカスタム投稿と同じスラッグ名のURLページを作成する方法


SNSのシェアはこちらから!

  • 1
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

運営者のYoshiと申します。WEB制作は、HTML/css/javascript/PHP/git/wordpress/MT/DB/photoshop/illustrator/fireworksなど扱えます。サーバー・アプリなども習得中。