wpプラグインWP-Optimizeでデータベースの最適化・軽量化をしてみた

web制作

先日、とあるwordpressサイトを修正する機会がありました。

・記事数は200ほど
・リビジョンが大量
・数年ほど放置したままのDB

という状況だったので、修正ついでに、ちょっとデータベースも掃除してみようと思い、試しに人気のプラグイン・WP-Optimizeを使ってみることにしました。

WP-Optimizeの使い方

まずはバックアップ

データベースは、一度削除してしまうと、元に戻せません。

事前に、絶対、バックアップを取っておきましょう。

クリック一つでお手軽に実行

WP-Optimizeの使い方は、超カンタンです。

インストールして、有効化して、管理画面からWP-Optimizeを開いて、下図のようにチェックボックスを選択して、最適化(Run all selected optimizations)を実行するだけです。


(キャプチャ忘れてしまい、この画像は実行後のものです。実行前であれば、リビジョン数などを明示してくれる、素晴らしいプラグインです。)

ボタン一個押すだけで、あとはオートで綺麗に掃除してくれます。

効果

自分の場合ですが、27MBだったデータベースが2.6MBに軽量化されました。

おそらく、リビジョンの量がすごかったからだと思います。リビジョンを残さない設定でwordpressを運営している人は、ここまで劇的な効果は出ないかもです。あと、リビジョンを消す=編集履歴(証拠)が消えてしまいますので、複数人の業務目的で使用している時は消さないように気をつけた方が良いです。

一回使った後は停止して放置でOK

WP-Optimizeは、常時有効化しておく必要はありませんので、使った後は停止もしくは削除でOKです。へたに保存したままにしておくよりは、また使う時に最新版をインストールしてから利用したほうが良いです。

速度の改善につながるかも

DBが最適化されるので、サイトの表示速度も、少し軽くなったような気がします。(体感

なんだかwpのサイトが重いなって時は、データベースの掃除も検討してみると良いかもです。

最後に一言

便利!

この記事をSNSでシェアする?

wordpress

wpプラグインWP-Optimizeでデータベースの最適化・軽量化をしてみた


  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

KIYOTATSU(キヨタツ)を運営しているウェブ制作者のYoshiです。得意な分野はディレクションとコーディングです。デザインはシンプルなものだけ可能です。他、色々と随時習得中です。