プラグイン「WP-PostViews」で表示される数(記事閲覧数)を修正・編集する方法

web制作

wordpressのプラグイン「WP-PostViews」を使うと、投稿記事すべての閲覧数(ユーザーが読んだ数)が管理画面上に表示さます。

これは閲覧数を知るためのプラグインなので、その数字を修正する機能はついていません。

しかし、これだと一つ問題があって、プラグイン「Duplicate Post」などで、すでに公開している投稿記事のコピペをしたりすると、その閲覧数までもコピーされてしまう問題があります。

気にしない人はどうでもいいのですが、きちんと管理したい人は、やはり0にしたいと思います。解決策は簡単で、データベースを直接いじってあげれば、表示数を修正・編集できます。

phpMyAdminでデータベース操作しよう

WP-PostViewsで生成される"表示数"は、データベース上においては、テーブル「postmeta」のmeta_key「views」のmeta_valueの中身にて保存・管理されています。

なので、単純に、そこのレコード部分を編集してあげればOKです。(まちがって、レコードごと削除などしないように。)

上記キャプチャの場合は、1418の数字を0にすると、post_id「9」の記事の閲覧数が0になります。

流れとしては、この感じです。

・閲覧数を消したい記事のpost_idを調べる

・phpMyAdminなどデータベース操作ツールで、「****_postmeta」のテーブをル開く

・該当するmeta_key「views」のレコードを編集する

・meta_valueの中身を0にする。

データベース操作は自己責任

通常、データベースはあんまりいじらないことが望ましいので、よほどの時だけ操作するようにしましょう。当然、先にバックアップを取ってからやることが大事です。(慣れてる人や、自信のある人であれば、これくらいの操作はとくに問題ないと思います。)

最後に一言

データベースにアクセスするのが面倒ではある。

この記事をSNSでシェアする?

プラグイン「WP-PostViews」で表示される数(記事閲覧数)を修正・編集する方法


  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

KIYOTATSU(キヨタツ)を運営しているウェブ制作者のYoshiです。得意な分野はディレクションとコーディングです。デザインはシンプルなものだけ可能です。他、色々と随時習得中です。