エックスサーバーのDNSレコード(A)変更では「webとメールを別サーバーで運用できない」ので注意

web制作

ドメインを異なるサーバーに紐づける時、ネームサーバー変更とDNSレコード変更のやり方があります。

ただし、レンタルサーバー(共用)でDNSレコードを変更する場合、そのレンタルサーバー各社の仕様に依存する点が大きいので注意が必要です。

とくに本記事で紹介する、エックスサーバーのDNSレコードでは、「Aレコードを切り換えるとMXレコードも切り換えになり、webとメールを切り分けられない」という注意点があります。

以下、詳しく紹介します。

DNSレコードって何?

こちらの記事様がたいへん分かりやすいので、まずはご一読を。

▼DNSレコードとは 「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典
https://wa3.i-3-i.info/word12284.html

ざっくり説明すると、希望するドメインやIPアドレスをDNSレコードに指定しておくことで、その内容をDNSコンテンツサーバーが見るゾーンファイルに認識(登録)させられる、という感じです。

レコードには種類があって、共用レンタルサーバーで主要なのは、AレコードとMXレコードです。

・Aレコード
⇒ざっくりウェブサイト閲覧用
⇒ドメインとIPアドレスの対応を指定する

・MXレコード
⇒メールサーバー用
⇒受信用のメールサーバを指定する

AWSなどで、自分でサーバーを構築したり、あれこれwebアプリいじりまくるって人は、他のレコードもきちんと勉強しておいたほうが良いですが、カンタンなウェブサイト関連であれば、AレコとMXレコを分かっていれば大丈夫かと思います。(たぶん

エックスサーバーのDNSレコードを変更する時の注意点は「webとメールが一緒に切り替わってしまう」

まずは、こちらをご覧下さい。(エックスサーバーのDNSレコード編集画面です。)

この時、

・ドメイン「test-*****.work」
・IPアドレス「157.***.***.17」

を割り当てています。

そして、注目して欲しいのが、MXレコードの内容部分です。ホスト名「test-*****.work」に内容「test-*****.work」が割り当てされています。そのため、Aレコードを「157.***.***.17」から、違うIPアドレス、たとえば「180.***.***.10」などに変更した際は、MXレコードも同じように「180.***.***.10」の環境へ変更となる、ということです。これはつまり、「webを変更するとメールも変更となる」ということです。

サブドメインでホスト名を代替することも難しい

著者は、「それならMXレコードのホスト名「test-*****.work」に、サブドメインを作って、サブドメインのDNSレコード(A)をエックスサーバーに向けたままにすれば……」ともおもったのですが、しかし、結果は残念。エックスサーバーでは、サブドメインを作った場合、そのサブドメインのIPアドレスは、親ドメインのDNSレコードに引っ張られる仕様なので、メールサーバーのホスト名用のサブドメインを作ることはできません。

web=エックスサーバー、メール=他社なら可能そう

DNSレコード(A)をエックスサーバーのままにしておき、DNSレコード(MX)を他者のメールサーバーに割り当て、は可能そうです。ただ、エックスサーバーのメールサーバーを利用したまま、webのIPアドレス変更は難しいので、注意です。

webサイトのIPアドレスを変更してメールは元のサーバーで運用したい時は他社サーバーを検討しよう

前述の通り、エックスサーバーでは、DNSレコード(A)を変更して、webサイトを他サーバーで運用しながら、DNSレコード(MX)はそのままにして、メールサーバーを元のエックスサーバーで運用する、といった切り分けができません。

ですので、もし、webとメールを分けて運用したいのであれば、他社サーバーさんを探すようにしましょう。MXレコード部分が、「mail.test-*****.work」といったようにサブドメインになっていて、元のIPアドレスに割り当てたままの設定になっていれば、切り分けての運用が可能です。

色んな記事を検索しよう

「web メール 分ける 別サーバー」などのキーワード検索をすると、色んな記事が出てきますので、切り分け運用したい人は、それらを参考にしつつ、色々とイジってみましょう。

▼例)お名前.comでドメインを取ってウェブとメールをそれぞれ別のレンタルサーバーで運用する方法
https://ideen.jp/technology/onamae_dns

まとめ

エックスサーバーでは、webを他のサーバーにしつつ、メールサーバーを元のエックスサーバーで運用するということが難しい仕様ですので、注意しましょう!

※参考

▼DNSレコードの編集 エックスサーバー(公式ガイド)
https://www.xserver.ne.jp/manual/man_domain_dns_setting.php

この記事をSNSでシェアする?

エックスサーバーのDNSレコード(A)変更では「webとメールを別サーバーで運用できない」ので注意


  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PROFILE

yoshi

KIYOTATSU(キヨタツ)を運営しているウェブ制作者のYoshiです。得意な分野はディレクションとコーディングです。デザインはシンプルなものだけ可能です。他、色々と随時習得中です。